医療事務管理士の資格取得を考えた時に確認しておくこと

夜間学校 医療事務 資格

夜間学校で学んだ医療事務の資格取得

[20代/女性/会社員/通学]

 

私は通学にて医療事務の資格を取得しました。

 

医療事務の資格を取った理由としましては、身体を動かす仕事よりも元々デスクワークが好きだったこともありますが、幼い頃から体が弱く病院に親しみを持っていたことが大きいと感じています。

 

そして、医療事務と一口で言っても職務内容の幅が広く資格を取得すれば様々な働き方を出来る点に興味を持ちました。

 

私が保有する医療事務の資格は医療秘書技能検定試験の2級・医事コンピュータ技能検定試験3級・診療情報管理士の3種類となっています。

 

受講した場所は専門学校の夜間部で2年間通学しました。私が通信では無く通学という形を選んだ理由は集中して勉学に励む事が出来るという一点です。

 

確かに通信教育の方が時間的な制約が無く費用の面からも有利なのですが、一人自室で勉強していると集中出来ずにダラダラと勉強しがちになり効率面で悪いと思います。

 

また、気軽に質問が出来る講師が身近に存在するというのも大きいです。ダイレクトに質問に答えてくれて、その答えに対する疑問が生じても答えてくれるというのは通学ならではだと思います。

 

しかし、他の仕事に社員として就いていた私には、週3日の授業に参加するには周りとの調整と協力が必要だったので、その点はデメリットだと感じました。

 

夜間部なので私と同じように他の仕事をしながら授業を受ける人が多く、年齢層も20代後半から30代となっており資格を取得したいという熱意は昼間部の人より高いようでした。

 

働きながらでも医療事務の資格を取得したいと考えている方には、是非とも夜間部の通学をお勧めします。


PAGE TOP