医療事務管理士の資格取得を考えた時に確認しておくこと

,医療事務 資格 仕事

医療事務の資格によって得た仕事

[30代/女性/婦/通信]

 

医療事務の資格を取って、病院勤務を経たあと、システム会社へ派遣として就労しました。

 

システム会社では自社開発の電子カルテソフト、医事会計システムの導入作業にインストラクターとして働きました。勤務年数は5年です。

 

電子カルテソフトや医事会計システムの使用方法を病院職員(医師、看護師、事務職員、理学療法士等)に教えることが主な仕事でしたが、システム導入に付随するその他のSE補助業務も担当しました。

 

システム使用方法を教えるにあたり、病院職員の質疑応答に対応するためには、医療事務の知識が必須であったため、医療事務の資格をとって実務経験があったことは、この仕事をするにあたり大きなプラス要因でした。

 

医療事務は給料が安価であるのが一般的ですが、このインストラクターの仕事は基本的に客先で長期(2~3ヶ月)のシステム導入作業が必要となるため、月曜から金曜までは出張先でホテル住まいで、会社から1日当たりの出張手当も出ます。

 

システム稼働前後になると、病院の診療時間が終了してからのシステム設置作業となるため、深夜まで仕事をすることになり、残業代もかなりいただくことができました。

 

現在は退社して主婦をしているため、泊まり出張での仕事をすることはできませんが、独身時代はかなりこのお仕事で稼ぐことが出来ました。

 

医療事務の資格を取ってまさかこのような仕事につくとは夢にも思いませんでしたが、医療事務なのにかなりお金を稼ぐことができる、お勧めのお仕事です。


PAGE TOP