医療事務管理士の資格取得を考えた時に確認しておくこと

医療事務管理士

医療事務管理士の講座はソラストにもユーキャンにもあります

医療事務管理士の資格取得を考えた時に、確認しておくこととして、一番大事なことは資格取得の目的です。

 

  • 医療事務の資格取得を目的にするのか
  • 医療事務として働くための過程として医療事務管理士の資格が必要なのか
  • 働くことを意識し、さらにもっとも信頼度の高い医療事務資格である診療報酬請求事務能力認定試験に合格するための過程として捉えるのか

 

医療事務管理士の資格取得の目的は大きくはこの3つの分けられるのではないかと思います

 

医療事務管理士の資格取得を目指す講座はソラストでもユーキャンでも行っています。

ソラストの通信講座もユーキャンもどちらも資格試験を受験するとき、在宅受験が認められています。したがって、講座にかかる受講料金なども参考にして講座を選べばいいと思います。

 

ただ、医療事務として働きたいのであれば、ソラストの講座を利用した後、ソラストの就業説明会に参加するのが近道です。

 

ソラストは旧会社名を日本医療事務センターといい、数々の病院と医療事務員派遣の契約を結んできました。派遣だけでなく、正社員、パート、紹介予定派遣といった選択肢がありますので、このサービスの利用を見据えて講座を選ぶこともおすすめです。

 

[PR]医療事務講座を比較するなら無料のココがおすすめ♪

医療事務資格|シカトル

一番安い講座が見つかる!簡単1分で請求完了♪

ニチイソラストヒューマンアカデミー日本医療事務教会

 

医療事務管理士そして診療報酬請求事務能力認定試験へ

診療報酬請求事務能力認定試験についてですが、全国合格率が30%くらいであることを考えると、医療事務管理士に合格してから、資格取得を目指すかどうか考えるというのでは遅いのです。

 

医療事務資格の場合、試験によってかなりクセが違います。

 

診療報酬請求事務能力認定試験では、7月試験は海の日、12月試験は第二日曜日あたりと実施が決まっています。クセを含んだ練習時間の確保を考えると、

  • 7月に診療報酬を受験する人は医療事務管理士の受験を5月に
  • 12月に診療報酬を受験する場合は9月に

医療事務管理士を受験しておくべきです。

 

また、普段の勉強方法も医療事務管理士との試験の違いを理解しながら進めておくと良いでしょう。

 

診療報酬請求事務能力認定試験に関しては、さまざまなスクールで対策講座が行われていますので、各講座の資料やパンフレットを取り寄せてフォローアップ体制がどうなっているかなども確認しながら講座を選ぶことが大切です。

 

医療事務資格スクール比較・一括資料請求

医療事務資格資料請求

 

 

 


PAGE TOP